【ニューモデル・レビュー】日産 キックスe-Power:インテリア編|動画まとめ

2136回視聴・2020-06-26 13:34:28

2020年6月24日のオンライン発表会にて、新型キックスe-Powerが公開された。日産の完全新型車では、およそ10年ぶりとなる発表のため、幅広いメディアやユーザーからも注目を集めている。今回は、そんな新型キックスのインテリアデザインに焦点を置いて、解説していこう。

【日産 キックスe-Powerってどんなクルマ?】
まず、キックスe-Powerとはどんなクルマなのか説明していこう。

そもそもキックスとは、日産の主力SUVである「ジューク」の後継モデルである。もともと、東南アジアを拠点に販売されていた車種だったが、このたび日本市場に参入することとなった。

そして、今回のオンライン発表会でお披露目されたのは、日産独自のパワートレインである“e-Power”を搭載したモデルだ。エンジンと電気モーターを併用しているものの、エンジンはあくまで発電用であり、100%モーターで駆動している。そのため、力強く安定性の高い走りを実現できるほか、静寂性にも優れている。

また、先代モデルのジュークと比較すると、新型キックスは実用性に富んだモデルとして生まれ変わっている。ジュークは、前席優先のインテリアデザインとなっていたため、後席や荷室は決して広いものではなかった。一方、新型キックスはコンパクトSUVでありながら、後席や荷室の広さを十分に確保しているため、街乗りやアウトドアといった様々なシーンで幅広く活躍することができる。

技術の進化と共にさらなる実用性を実現したことで、ドライバーはもちろん、乗車するすべての人々に優しいクルマへと生まれ変わった。

【開放的かつ高級感あふれるインテリア空間】

オンライン発表会では、新型キックスのインテリアデザインが、バーチャルリアリティ(VR)によるライブ映像で公開された。実際に車内にいるようなリアリティ溢れる映像により、インテリアの隅々まで確認することができる。

新型キックスのインテリアデザインは、コンパクトカーでありながらも、快適性とプレミアム感を忘れない空間作りがされている。まず、インストロメントパネルは、外へ向かっていく広がりとステッチが施されたラッピングにより、開放的で高級感に溢れるドライビングを楽しめるだろう。また、本革シートにも精巧に作り込まれたステッチデザインが施されており、細部までこだわり抜かれていることがわかる。

シフトレバーには、キックス専用の電気信号式を採用。電動化の雰囲気を味わいながら、自分で操作する感覚も楽しむことができる。また、パーキングブレーキにも電気信号のボタンタイプを起用したことで、しっかりとしたセンターアームレストが装備された。ドライバーにとって、快適に運転するために嬉しい要素の一つだ。

インテリアカラーは、2つのパターンから選ぶことができる。1つ目は、ターンカラーと黒のハイコントラストを楽しめるプレミアムな満足感溢れる色味。2つ目は、e-Powerの静寂性とシックで大人の雰囲気を楽しめるブラック一色だ。どちらを選ぶべきか、思わず迷ってしまうだろう。

【快適な室内空間とラゲッジスペースで実用性も抜群】

冒頭で触れたように、新型キックスは後席や荷室が広々確保されているため、その実用性が非常に優れている。オンライン発表会では、ドイツのレーシングドライバーであるミハエル・クルム選手を招いて、その使い勝手を検証した。

まず、見晴らしについて、実際に試乗したミハエル選手は次のように述べている。

「新型キックスの凄さは、なんといってもコックピットから見える景色です。一般のクルマでは考えられないほど、すべてをフリーに見渡すことができました。フロントガラスも広く、ミラーも低いため、目に映る景色の中に邪魔になるものが一切ないので、落ち着いて楽しみながら運転できます。また、遠くまで景色を見渡せるため、安全性も高く、事故を防ぐポイントにもなるでしょう。」

大きなフロントガラスを設けることで、ドライバーが安全かつ快適に運転できる空間を実現。外の景色を遠くまで見渡せるため、運転中の疲労も軽減できるだろう。

また、後部座席については、183cm以上あるミハエル選手が座っても頭上スペースに余裕がある。これは、後席のヘッドルームが85mm確保されているためだ。また、ニールームは600mmを誇っており、足元にたっぷりと余裕を持たせることができる。頭上や前後シート間に広々とした空間が確保されることで、後席でも快適な乗り心地を実現している。

ラゲッジスペースは、後席が広くなる分狭くなる傾向にあるものの、新型キックスにおいては例外である。海外旅行で使われるサイズのスーツケースであっても、4つ分は十分に収納できる広さを確保した。大人4人で旅行に出かける際も、それぞれの荷物を詰め込めるだけの広さを確保していることが分かった。

数多くのメディアやユーザーから注目を集める新型キックスは、日産が誇る先進技術を搭載するほか、快適性やプレミアム感を備えたインテリアデザインや、後部座席やラゲッジスペースの実用性も兼ね備えており、まさに才色兼備なモデルとなっている。ドライバーはもちろん、同乗者も車内の空間を快適に過ごせるよう、隅々まで配慮されている魅力的なモデルである。

∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~
ほぼ毎日更新!チャンネル登録お願いします!
https://www.youtube.com/channel/UCEOt...
【記事を読みたい方はこちら!】
https://hundred-cars.com/

【もっと見たい方はこちら!】
https://www.youtube.com/channel/UCEOt...
∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~∽~

#日産
#キックス
#新型車
#ニューモデル
#レビュー
#新型車
#新車速報
#Hundredscars
#ASMR
#朗読
#声優

-日産

© 2020 車買い替えナイト Powered by AFFINGER5