【ロッキー&クロスビー】甲乙つけがたし!1.0リッターターボのコンパクトSUV。キャラクタの立ったデザインが最大の魅力【クリッカーTV試乗レビュー】|動画まとめ

21593回視聴・2020-01-25 20:20:03

ロッキーとクロスビーはどういったクルマなの?
全幅1700ミリ以下、全長4000ミリ以下の超コンパクトSUVジャンルに、昨年11月に登場した、ダイハツロッキー/トヨタライズ。自販連によると、2019年12月の販売台数は、ロッキー3,514台、ライズ9,117台と、カテゴリで一気にTOPへと躍り出るなど、売り上げが好調です。

(ロッキー/ライズ登場前の)超コンパクトSUVの代表格といえば、2016年に登場したスズキクロスビーでしょう。12月の販売台数は1,283台と、勢いは落ちてきてはいますが、デザインセンスと商品力は高い1台です。

人気爆発中の「ダイハツロッキー」、デザインセンスの塊「スズキクロスビー」。今回はこの2台を取り上げ、3回にわたって比べながら、詳細にチェックしてまいります。

------------------------------------------------------------
clicccarの新車紹介&ロケ企画専門チャンネルができました。
今後は本チャンネルにて新車情報を公開していきます。
よろしくお願いします。

Webメディア・clicccar(クリッカー)サイト
https://clicccar.com/

本動画の記事は以下で見られます

-ダイハツ

© 2020 車買い替えナイト Powered by AFFINGER5