【緊急速報】ガソリン車2030年に販売禁止へ?業界激震の真相。|動画まとめ

13814回視聴・2020-12-03 18:32:08

激震!ヤフーニュースに目を疑う内容が!?
ガソリン車消滅が決定!の報道の真実。曰く2030年中盤には発売が禁止されると言うガソリン車。しかしそれは真実なのか 本当なのか
業界に激震が走ったが
ジャーナリスト達が懸命に訴えたのは意外な事実だった。

今日は車が好きな方へ、いや、車に乗られる方には必見の内容ですどうぞ最後までご覧ください!

車好き絶滅へのカウントダウン

10時ごろ何気なくヤフーニュースを見て手が震えた

え。まぢで?
思わず口をついたのはそんな言葉

皆さんも驚かれたのではないでしょうか?

ニュースの見出しによれば
2030年中頃にはガソリン車の新車販売を

政府が地球温暖化対策の一環として、ガソリン車の新車販売を2030年代半ばに禁止する方向で最終調整に入った

とあったのだ

ええー!嘘だろー!
海外では電動化の動きが活発だがついに日本にまで!?

一瞬にしてあー、自動車好きの時代は終わる
もちろんのこのチャンネルも終わる笑
とガックリしてましたが

実は安心して欲しい
報道は半分本当だが
半分ミスリードを含めてたものだ

というより適切な表現かは少し疑問も残る

実は自動車会社は大抵掲げている目標であり
今更驚く内容ではない
そして
ガソリン車0というのは
少し誤解を生む表現であり

実際は
ガソリンのみの車を廃止するのであり
ハイブリッド車セーフみたいな話の様なのである

なにそれ!笑

事実NHKの報道では

「ガソリンエンジンだけの車をゼロ」「電動車には、エンジンとモーターの両方を使うハイブリッド車、充電もできるプラグインハイブリッド車、電気自動車、それに、水素で発電しながら走行する燃料電池車が含まれます
という事の様で
話を聞いて受ける印象は大分違う

各プロのジャーナリストも落ち着く様に!と呼びかけを行なっている

なぜ急に?

12/2の成長戦略会議でのカーボンニュートラルへの計画が固められたからと見られる

世界的にガソリン車撤廃に向けて動く中
日本政府としては
世界に対し存在感を高めたい狙いがある

政府が目標に掲げる2050年カーボンニュートラル達成の為には
買い替えの時間を10年〜20年と考えて

逆算すれば2030年代にはガソリンのみの車を撤廃したいという思案がある

コレで急遽2030年中頃までにという
話が浮上した物と考えられます

しかし

既に新車販売の3割はハイブリッドなので
日本は電動化が遅いという訳ではない

ヨーロッパが排ガス規制を強化したりしているがヤリスハイブリッドは基準値を大き下回り

私も報道を聞き

え、電気自動車しかなくなるの!?
と思ったがさにあらず

しかし安心はできない

今でさえ13年前の車は税金UPということを平気でやる日本

自動運転じゃない
古いガソリン車は税金をバックリ上げることは想像に難しくない

私の予想ではほぼ確実だろう

実質スポーツカーに乗れない時代は目前だ

ハイブリッド車もすごく良くなった
モーターのフィーリングも制御も楽しいものも増えた

しかしガソリンエンジン特有のフィーリングはあくまで特別であり
いくら音だけ、感じだけ真似ても
そのものズバリとはなかなかいかない

楽しい車がなくなる訳ではないが
燃費よりもフィーリングという時代が終わりを迎えようとしているのは一つの事実である

そしてガソリンだけのモデル発売出来なくなる事は事実で
現在のスポーツカーが高騰することも必至で
ますますスポーツカーに乗るなら今が最後というのは信憑性を帯びてくるのである

86やスープラもそうだが
今度出るZにしても
10年後には桁違いの値段がついてる可能性はある
現にスープラの先代(80)だって
GT-Rだって
その他のS2000でも
相場は既に高騰している

乗りたい車があるのであれば
今乗るべきで
ハイブリッドやSUV、ワゴンは後から生きていれば乗れるが
スポーティなモデルはコレがラストチャンス!
今こそ買うべき自動車はスポーツカーであると
申し添えておきたい

写真資料引用トヨタスープラ公式HP https://toyota.jp/supra/?padid=from_supra_feature_navi_top

情報ソースヤフーニュース
web毎日新聞https://news.yahoo.co.jp/articles/78ab1e428c7464b62a9ea5b5504f449595bcd6e5

-車買い替えの知識

© 2021 車買い替えナイト Powered by AFFINGER5