tvk「クルマでいこう!」公式 マツダ CX-5 2019/2/24放送(#568)|動画まとめ

303448回視聴・2019-03-26 05:00:04

再生リスト https://www.youtube.com/watch?v=fB5SQGQMPn8&list=PLr4_STTzGB2UX3bfG-tZrA8mrgaaSIuYQ
テレビ神奈川(tvk)「クルマでいこう!」
毎週日曜日よる10時(再放送土曜日午前11時)放送

※車両の諸元・仕様・価格等は番組放送当時のものです

放送日
2019/2/24(#568)

車種  
マツダ CX-5 25T Exclusive Mode 4WD(6AT)

試乗車主要諸元
全長 4545㎜
全幅 1840㎜
全高 1690㎜
車両重量 1680㎏
エンジン L4・DOHC・ターボ
総排気量 2488cc
最高出力 169kW(230PS)/4250rpm
最大トルク 420Nm(42.8㎏m)/2000rpm
最小回転半径 5.5m
燃料消費率 12.2㎞/L(WLTCモード)
車両本体価格 387万7200円(消費税込み価格)

出演者
マツダ株式会社
商品本部 主査
松岡 英樹さん

岡崎五朗の評価

○・・・より上質になったCX-5
ガソリンエンジンならではの静かさや厚みのあるトルク感が加わったことで走りの質感も高まった。今回の商品改良でCX-5の魅力の幅がさらに広がったと思う。

×・・・よりスポーツ指向のCX-5にも乗ってみたい
より上質になったのなら、次はスポーツ指向のCX-5にも乗ってみたい。マツダ車の魅力の幅を広げることにもつながるので、ぜひ検討してほしい。

藤島知子の評価

○・・・力強さを感じさせるガソリンターボ
新しいガソリンターボエンジンは、料金所などでクルマが軽く揺すられる程の力強い加速をみせてくれる。ガソリン車の選択肢に新しいものが加わったのなら、トヨタのGRのような走りの質を磨いたモデルがあっても良いと思う。

×・・・ガソリンエンジンの回転フィールにディーゼルとの違いを感じにくい
きめ細やかな回転フィールや伸び感を期待する人には、ディーゼルとの違いを感じにくい。感性に訴える気持ち良さが出てくると、もっと面白くなる。

-車買い替えの知識

© 2020 車買い替えナイト Powered by AFFINGER5